引越し比較見積もり業者※誰にでもわかりやすく業者を選ぶサイト

引っ越しは荷物以外の手続きが色々あります

引っ越しの準備で大変だった事について、子どもに邪魔されました

 

住んでいたマンションの更新を機に、引っ越しを決めました。引っ越しって、荷物を片付ければいいだろうと考えていました。しかし、その考えはとても甘い考えだとすぐにわかりました。

 

新しく住む家の手続きと、住んでいたマンションの解約と、書類が沢山ありました。書類を書くだけなら、誰が書いてもいいのですが。

 

役所の手続きや確認など主人(世帯主)でないと駄目だという物もあり、仕事の合間に役所に行ったり来たりして、本当にバタバタでした。

 

引っ越し業者が決まると、見積りや荷物の量の確認など、荷物をまとめるじかんはなかなかありませんでした。

 

子どもがまだ小さくて、離乳食が必要でした。時間がない時が多く、その頃はよくベビーフードを利用していました。

 

水道、電気、ガスは引っ越し当日に解約しました。ガスは解約も新しい契約も、立ち会いが必要だから、私と主人と分かれて立ち会いました。当日まで使える事は便利ですが、何だかせわしい感じですよね。

 

引っ越しの荷物をまとめる順番は

 

引っ越し業者が、不用品を2つだけサービスで処分してくれました。ガスコンロを頼んだのですが、カーテンのようなゴミは断られました。たまたますぐにゴミの回収日があったのでよかったですが、カーテンも意外にかさ張るから邪魔ですよね。

 

私が最初に片付けた物は、子どものオモチャです。子どもの好きな物を、少しだけ出しておきました。しかし、すぐに段ボール箱から引っ張り出されていました(笑)子どもの物は、1番最後まで片付きませんでした(笑

 

)まず、着ないような洋服や使わない小物(アルバムや結婚式で使って箱に入れたままのCDとか)から、片付ければよかったと…。当たり前の事に気がつくのが遅かったです。

 

キッチンのお皿やお鍋は子どもがいない時に、片付けないと駄目でした。お皿やお鍋は普段は、子どもの手の届かない棚に置いてあるから、段ボール箱の中でガチャガチャと触って遊んでいました。怪我がなくてよかったですが。

 

引っ越しの準備で大変な事は

 

主人が仕事が忙しくて、準備や片付けはほとんど私1人でやりました。できれば、子どもは実家に見ていて貰えばよかったなと思いました。

 

当日まで冷蔵庫の中に物が入っていてギリギリまで出し忘れていました。また、引っ越し業者から掃除機と雑巾を用意しておいて下さいと言われていました。

 

準備しながら、掃除もしたつもりでしたが、冷蔵庫や洗濯機のしたは、恥ずかしい位にホコリだらけでした。準備しながら仕分けしたのに、けっこう必要な物といらない物が混ざっていました。

 

契約書類とか手続きの物は、分けておいたはずなのに不用品の箱に混ざっていたりして驚きました。業者さんが、1つ1つ確認しながら、荷物を運んでくれたので自分の中でも最後に確認できてよかったです。

 

引っ越しは私が考えていたより、はるかに大変な事でした。もう少し考えながら準備したら、いらない物をもっと捨てられたかなと思っています。