名古屋から引越しする際に大事だったこと

短期間での引っ越し準備の大変さ

 

引っ越しは予定していた引っ越しもあれば、転勤で突然決まることもあります。とある知人の引っ越しがある時突然決まり、時間も全くない状態での準備はそれはもうバタバタでした。ずっと都内で働いてましたが、ある時急に名古屋支社へいくことになりました。名古屋での勤務日ももう既に確定され、引っ越しまでの期間はわずか10日程しかありませんでした。

 

仕事をしながら、引っ越しの準備は当然ながら大変であり、私も引っ越しの手伝いをしにいきました。具体的に何が大変だったかこれから詳しく書きたいと思います。

 

急に決まっただけに引っ越し業者も選べない

 

引っ越し業者は知人はいつもサカイ引っ越しセンターを使っている知人でした。しかし、急で希望の日にいいタイミングで手配ができなかったようで結局は他の空いてる業者を探して手配をしました。

 

梱包、片付けが大変

 

急に決まったのでもちろん、梱包、片付けなど全くしておらず、まっさらな状態で一から始めました。業者が決まると段ボールも届けてくれますが、届くまではスーパーやコンビニなどでもらってから準備になります。

 

片付けを始めると改めて思うのですが、普段は気にもとめていなくても、ありとあらゆるいらない物が次々と出てくるのです。引っ越し以外でも片付けを始めた時に、みなさんもこんな経験はありませんか?

 

えっ、何でこんなものが今出てきたのかと。無くしてしまったものがふとある時出てきてこれはラッキーな話であると思います。

 

逆に不要なものも沢山出てきて何で今更こんなものが出てくるのかと思うこともあります。でも引っ越しを機にいらないものはとことん処分し、すっきり断捨離をしましょう。

 

急なだけに歓送迎会も入るために周りの人への挨拶回りでも大変

 

片付けをしながら、プラス会社の歓送迎会、他会社以外でもお世話になった方々への挨拶回りでもとにかく大変そうな状況でした。

 

仕事上やあるいは色々な事情で突如訪れる引っ越しは準備は勿論大変です。普段から物を買いすぎたりすることなく、不要なものはすぐ処分するなど、コツコツ断捨離の意識はしておくのが、大事であると思います。